01
Oct 18

洲本八景 6 千山を望む

洲本八景 4は柏原山山頂 5は立川水仙郷ですが、石碑が見当たりません。どなたか設置場所がわかる方がいらっしゃったらご連絡ください。

洲本八景 6ですが、洲本市大野地区から千山を望む景色となっています。
淡路富士と呼ばれる千山ですが、この辺りから見る姿が一番美しいと思います。
場所は大野小学校を北に進んだあたりです。是非見つけてください。


30
May 18

洲本八景 3 紀淡海峡の朝焼け

洲本八景3番目は由良方面生石公園。展望台は、老朽化のため現在立ち入り禁止になっていますが、展望台に登らなくても、紀淡海峡を行き交う船舶と友ヶ島を望むことができます。ここから拝む朝陽は海面を青から赤にだんだんと染める絶景で、毎年、初日の出を拝みに、島内外から多くの方が集まります。


11
May 18

洲本八景 2 マリーナを望む

洲本八景2番目は三熊山の東にある駐車場から徒歩5分ほどの場所にある展望台。その場所からホテルやヨットハーバーがあるマリーナを望む景色です。右手には、由良方面、成ヶ島を眺望することができます。


09
May 18

洲本八景 1 大浜を大観


洲本市のシンボルとして、市民に親しまれている洲本城。瀬戸内海国立公園に属す標高133メートルの三熊山に築かれ、国の史跡に指定されています。戦国時時代、城主脇坂安治によって築かれた全国的に貴重な「登り石垣」を見ることができます。かつての本丸跡、天守閣のあった展望台からは、大浜海岸と大阪湾が右手に広がり、眼下には城下町の面影がのこる洲本中心部、左手には淡路富士とも呼ばれる千山が優雅にそびえる姿が一望できる景勝地です。個人的には、ここからの景色が一番だと思います。


31
Jan 18

南あわじ市 沼島へ

淡路島は想像より大きい!と実感する方はいますが、島で生まれ育った人は、過疎化が進む地方の中でも割と少なめだと思います。
そして、そんな島の住人で「沼島に行った事のある人はいますか?」という問いに
YESと応える方は本当に少ないと思います。
日本で最初にできたおのころ島であるという伝説があり、知る人ぞ知る島。
淡路島のすぐ下にある小さな島。
南あわじ市土生港から船で10分のその島をプラプラ歩いてみようと思ったはずが、思いがけず、山道を歩いて島を一周することとなりました。

下船後、港湾沿いに進んで、山の上にあるおのころ神社へ。
人口500人にも満たない人々が住む集落が眼下に広がります。

神社の裏に登山道があり、ひたすら山の尾根を歩くと、視界がひらけ、上立神岩(かみたてがみいわ)という国生み伝説の岩が拝めるあたりでちょうど島半周くらい。
休憩もなしで、更に歩き続ける事1時間ほどでようやく漁港に戻ってきました。
家の前には、荷物を運ぶ台車(乳母車)があります。これは、瀬戸内の島でも同じような形の台車が使われてます。ちなみに香川県男木島では”おんば”と呼ばれて島人の日常生活には欠かせないものです。
港から見た淡路島は本当に近いけど、やっぱり沼島は特別な島だと実感。
ぜひ一度来島してください。


11
Jan 17

2017年 台湾 台北

2017年年始に台北へ
予想以上の暖かさで、帰国後の体調は芳しくないです。


04
Sep 16

初ニュージーランド ロケ撮影

8月末に商品のモデル撮影、ブツ撮りのために初めての南半球、ニュージーランドへ。
今回、なぜ、ニュージーランドになったかというと、雪山での撮影がマストだったから。
ということで、初日はオークランドの街中でのモデルカットを早朝から全力で撮影。
午後から、車を飛ばし北島最高峰のルアペフ山(2797m)方面へ。
ちょうど、スキーシーズンで人々で賑わうふもとの町オハクネで、ロッジを借り撮影チーム4名で完全なる合宿撮影でした。
みんな、いろいろな事がいっぱいいっぱいで、帰国するまでずっとやばいっくらいギリギリでしたが、無事〈ギリギリキウイボーイズ〉は帰国しました。
これからも作業が大変ですが、ギリギリ大丈夫だと思います。
mtnz_2


11
May 16

4/29 喜MONOフタツキさん 1周年記念ファッションショー

喜MONOフタツキさんが、1周年を記念してファッションショーを行いました。
フタツキさん流にアレンジされた着物を着こなしていたモデルさん達。せっかくの機会ということで、ショーの写真だけでなく、近場でロケ撮影もしました。
当日は、他のイベントも同時開催されていたので、いつもより多い人混みの中で撮影したり、それはそれでなかなか良い雰囲気になったのでは、と思います。

futatsuki_2016_0424_008futatsuki_2016_0424_013futatsuki_2016_0424_046


20
Apr 16

春眠をむさぼる日々

毎日、何時間くらい眠っているんだろうか、、、
「6時間くらい?」
「いや、ネコの話です」
我が家のネコは、1日の大半を寝て過ごしているようです。自宅にいない時は、見ていませんが、帰宅するとあくびをしながら寝起きの顔で玄関に迎えにくる。
つまり寝ていたのでしょう。
今日も、春眠をむさぼっております。
_W8A9536我が家のネコは、ストリート出身、つまり捨て猫でしたが、すっかり家ネコです。お外の鳥たちをガラス越しに眺める日々。
猫ブームで、最近はノラネコを保護して譲渡する団体がよく報道されるようになり(前から存在していますが)ノラ猫の処分も減ってきていることだと思います。
そういえば最近ノラ犬は、すっかり見かけなくなりました。

猫といえば「100万回生きたネコ」
最近、作者の佐野洋子さんの対談本を読んだですが、その中で、佐野さんが、ガンを宣告された時のことが語られていました。
余命2年半と聞き、自分の財産から、これからかかる医療費を計算し、少し余裕があったからと、その日のうちに一度乗りたかった車、ブリテッシュグリーンの”ジャガー”(ネイティブ風だとジャギュアーです)を購入したそうです。
攻めまくってます。
自分も40歳の初老ということで、時代が時代なら、もう余生を生きているようなもの。
どんな攻めた余生をおくろうか?
ぼんやり考えていたら、いつのまにやら春眠の中へzzz
goshiki


07
Apr 16

せとうち暮らし vol.18 発売記念トークイベント in 高松

_W8A8416先日、せとうち暮らし18号 発売記念トークイベントに参加してきました。
真鍋島で編集部の方々と偶然出会った縁で、今回は淡路島・沼島を取材していただき、撮影もさせていただきました。
トークイベントでは、取材時の裏話や淡路島について話させいただきました。そろそろ、自分のしたい事より、次の世代につながる仕事を丁寧にやっていきたいと思っていた時期に、非常に思いのある皆さんや島民に出会えました。
過剰にクライアントの方向を向いていて、廃刊、新創刊をくりかえす出版業界ですが、ローカルマガジンの枠を軽く飛び越えて「せとうち暮らし」素直に良い雑誌です。

ぜひ、一度手にとってください。
お近くの書店にない場合はamazonでも購入可能です。